2017.02.03

こどもの成長とチャレンジゼミ

先日は、るいの保育園の参観日でした。

年少のるい。年度始まってすぐの参観日は、もじもじクラスのみんなしていましたが、
今回は、なんとみんなハッキリと「大きくなったら~」を発表していました。

ちなみにるいは「ゴーカイジャー」らしい。。


その他、教室内で鉄棒を使ってブタの丸焼き、
ケンケンパを披露。

あとは、裏返してある園服(スモック)を一人で着る。というのも。

親がイスの上に座って、その上に座るイス取りゲームなどをしました。

るいは6月生まれなので、あと数か月で5歳ですが、クラスにはまだ3歳の子もいるわけで、
本当にそういう子って頑張り屋さんだな~と思います。この1年は大きいけど、
鉄棒やお着換えや、早生まれの子たちは1年前にできなかったことをやらないかんなんてね。


今まで教室内まで親が一緒にいってタオルをひっかけたり、
出席ノートにハンコを押したりしていたのですが、参観の次の日から、
玄関でバイバイをすることになりました。


やった!!!!


本当に、より太の時も思ったけど、これ、すんごい嬉しい!!

保育園の建物に入るっていうことは、すんなり支度して建物から出る時間が読めない。んですよね~。
グズグズしたり、「ママ、これみて~」「るい君ママ、これみて~」とかにつかまると、時間が15分、20分と
アッという間にすぎちゃう。

玄関でバイバイなんて、会社員の時は特に、本当に助かった~~~。って思いました。



でも、寂しいですがね。。。。

1つ1つ、本当は「できる」ことも、ママに「やって」とやらせて、甘えていたということなんて、
お見通し。でも親子で「ごっこ」をする時間(こっちは鬼の形相ですが)も、もう終わり。

「できること」を「やる」時期なんですね。

年中からはお昼ねもなくなるそうで、かなり体力も消耗し、機嫌も悪くなるって。夜の8時には寝ちゃうので、
働くママは地獄らしい。。。


より太の時のことを思い返すと、年中は、ちょうどるいが生まれる時期。
より太が年中になってすぐの6月に生まれたんですね。
その時の先生からも、「るい君が生まれたころ、かなりより太ちゃんは荒れた」と言われましたが、
今思えば、昼寝がなくなって機嫌が悪い時期も重なったんだろうなーーーと。


1年1年、るいも成長しています。
より太のたどった道のようで、もちろん違う。

いろいろしゃべってくれた女子とは違い、
るいは細かい気持ちだとか、気分は話してくれません。
ママにはべったりまだまだしたいけど、
友達の前では自分の事を「オレ」と言ったり。。


まだまだ1日10回くらいはチュっチュしていますよ。(大きくなったらウゲッと言われそうだが。。)





★★★
より太は、もう「女子」。
「私は女子力が低い」っていう発言にはウケましたが、
クラスには高い子がいるらしく、
それってどういう意味?と聞くと、
「いつも髪の毛はキメッキメ。スカートを毎日はいている」という集団。らしい。

「いや~~、ママはそういう子あんまり友達にならんわ」とついつい女子トーク。

十分、より太はかわいい(親ばかですが)し、デニムをはいて、(脚ながい!)
普通のセーターきたら、決まる!そんなあなたが私はうらやましいわよ。と言っています。

これまでは、持ち物も「キャラもの」が多かったけど、
だんだんシックなものも持ち始めて、本当に小さいレディーです。

年末まで行っていた公文が移転したので辞めて、今はチャレンジゼミっていう
進研ゼミがやっている端末で通信で勉強するものを開始しました。

「自分でやってくれるはず」という展望を持って、ほとんど私は口出しはしていません。
普通のiPadを使ってやっているので、一体勉強しているのか、遊んでいるのかわかりずらい!のですが、
まぁ、端末を使いこなすことも1つの勉強なので、よいか~と思っています。


まず、今後必須と思われる「検索能力」があがりますね。

せっかくインターネットという最強のツールが目の前にあっても、
貴重な情報に届く人と届かない人がいるわけで、その分け目の1つは
「検索能力」。
私も特許の仕事をし始めてこの奥深さと重要性がわかったので、より太には是非得てほしい。

検索履歴をみてみると、

画像検索で、
「ねこ」
「かわいいねこイラスト」
「かんたんねこイラスト」
「すみっこぐらしイラスト」

と、多分、自分がねこの絵を描くのに、かわいいイラストを探しているのがよくわかります。
単語の間にスペースをおいていないのは惜しいですが、最初の「ねこ」から比べてれば、
かなり検索技術が上がっています。

これも、教えるだけではだめですよね。やってみないと。


肝心の勉強の方はまぁ、よく忘れていますが、ちょくちょくやっているようです。
理科の実験なんかも動画でみられるので、「世の中進んでるなー」と思いました。

と、同時に、「一人でツールを使って学んでいく能力」の方が、
「誰かが教えてくれることを暗記していく能力」よりはるかに必要で、
それがあれば今後20年は無敵であるとさえ思えます。

あと、昨日より太が発見してくれたのは、
ベネッセの会員は、電子図書ライブラリーに無料でアクセスできるということ。

これ、めっちゃくちゃいいと思います。(⇐私が調べてなく、知らんかった)

amazonプライムみたいに、取り放題、読み放題の子供向け図書館です。
1000冊くらいあるらしく、本好きのより太にはもってこい。

図書館の帰り、ちぎれそうなバッグに入った重すぎる本18冊(3人x6冊)を持ち、
返却まで焦って読む。ということをしなくてもいいんですよ。

パラパラめくって、普通なら買わないような本も読んでみたり。
ベネッセが推薦する本なので、基本面白いし、為になるものばかりです。
(伝記とかね)


ちなみに、iPadはレンタルにして、月これで8000円くらいかな。
公文が6500円くらいでした。

iPadは勉強以外にも普通に使えるので、お得感がすごいのですが。。




私の仕事用に今PCを注文したところなのですが、
現在使用中のPCを、より太にあげようかとも思っています。

英語も将来の為に話せた方がいいだろうけど、日々の中で英語を使う楽しみってない。
でも、ネットを使いこなせたら、きっと子供は楽しい。
そこでゲームばかりやっちゃうかもだけど、そのモニタは世界とつながるんだぞ~。と
教えてあげたい。それには英語ができるともっと楽しいんだぞ~と。




2人の子供の成長が本当に楽しみです。
スポンサーサイト
2017.01.24

固定電話を知らない世代

より太が「ママ、テレフォンカードって知ってる?」って聞いてきた。

うける。

知ってるも何も、高校生まで使ってたし。


今、学校で「昔のモノ」っていう感じで固定電話とか別のクラスの授業で使ったりしてるんだと。


で、休み時間にその固定電話がより太のクラスに来て、

より太は女子の友達と その固定電話を持ってやったことは、、、









「しもしも~~~~??!」

出た。平野ノラ!

2016.12.05

仕事について。

久々にもう1記事。


翻訳の仕事をぼつぼつしています。
フリーランスは自分で営業をして自分を売り込みます。
これをしなくちゃいけない。はないから、どんな仕事をしてもいいし、逆に仕事を作るくらいの意気込みでないといけないよなと
思います。

先日は翻訳のイベントに東京まででかけました。
往復2万円強です。

あれだけ毎月行っていた出張、東京と大阪。
自腹でいくとなると痛いね。


でも、人脈づくりは超重要だ!と改めて思います。
会社の名前が載っていない自分の名刺。
これだけが私を表すもの。

今までは会社を見て仕事をくれたお客さんも、
今は私をみて、私を信じて仕事をくれるわけで、
背筋が伸びる、もしくは凍る。。。笑

2016は翻訳者として仕事を軌道に乗せるところまではまだいけていないけど、
お金を頂けるところまでひとまずいけたことは良かったと思う。

パソコンも辞書も書籍もイスもモニタも欲しい。
より太を約束のディズニーに連れて行きたいし、
るいを約束の遊覧船に乗せたい。

ガンガン仕事するぞー!!
2016.12.05

より太の成長。お友達づくりのこと

なんか、モヤモヤ。

より太の個人懇談に行ってきました。

より太は現在3年生。1,2年と私の悩みは、「より太に学校の友達ができないこと」でした。

あくまで「私の」悩み。


1,2年の先生(どっちも若い女性)は、「まぁ、まだこれからですし、クラス替えもあるし、これからどんどん友達もかわりますよ」と。
言われていました。

でも本人から、「クラスに友達がいない」と言われて、平気な親ってあんまりいませんよね。。


「で、より太は何をしているの?休み時間」聞くと、

「本読んだりしてる」って。

へー。つえー。と思う。

本人が、ウジウジ友達がいないことを悩んでいたら本当に心が痛いほどかわいそうと思ってしまうし、
でも、こればっかりは親が出る幕はないと思っているし。


3年生になって、家庭訪問で初めて先生(若い男性)から「お友達とあまりかかわらないことが多少問題」ということを言われました。

ギクっ!として、私は焦りました。

より太は1年生からずっと、学校が終わると学童に行っていて、学校のおともだちとあそぶことはありません。
普通なら、帰宅後は近所のクラスメートとかと遊んでその話題をクラスでまたして。。っていう感じで
関係性がはぐぐまれるところ、より太は学童(他学区の子)のお友達と一日何時間もすごしているわけです。

先生から、「多分それが理由かなぁ」と言われました。


で、本日。
「より太さんは、学業は問題ありません」
「ただ、お友達は●●さん(⇐保育園から一緒の子)としか遊ばないですね」と。

「来年のクラス替えにあたり、この子と一緒であればその子を通して友達の輪が広がるというようなことがあればこちらでなんとか。。」


え???!!!

そんなシステムがあるの?
というか、そんなにより太って危機的状況なわけ?

いろんな意味の先生のその発言はショッキングだったんですが、
率直に「そんなに問題ですか?」と聞いてしまった。(⇐モンスター?)


いじめの「い」の字もでるわけでもないし、
学校いきたくないなんてこれまで1回くらいしか言ったことないし、
学童ではお友達とけんかもちゃんとできるし、
人間的にもとても魅力的だし、(親目線で)

小3で一人が耐えられる子ってすごいとも思う。
しかも「一人が恥ずかしい」とか「寂しい」とか思っていない様子だし。


これが親ばかフィルタ―だとも思うけど。


先生は、「一人が好きな子ももちろんいるけれど、これからの人生で人と関わって嫌な事も楽しいことも
経験していくのがやはりいいと思いますし」。。。。。ふむ。


まぁ、そうだけど、今の状況で親が「○○ちゃんと同じクラスにしてください」って言っちゃだめだよ~。
となお思った。

ましてや学校がそれを聞いちゃうんだ~。と。
まぁ、これまで色々とあったんでしょうね。親からも。


より太もるいも、特定の子をとことん独り占めしたい気質があるよう。
一体誰に似たんだ!

モンスターペアレントなのか?
親ばかか?
とも思いつつ、「より太、ぜ~んぜん今のままでオッケーよ」と言ってあげたい。より太のままでいてね。
とブレずに思えるような親にもなりたいと思ったり。
2016.10.21

るいと親子遠足いきました。

今日は、親子遠足でした。

年少、中、長の子供たちのその父兄で、名古屋港水族館へ。

はーーーー。疲れた!!


もう、他のママに「るい君っておしゃべりですね」って言われるほど、
(るいは決して外ではおしゃべりではなく、先生にも「るいくんクールですね。甘えませんよ」って言われている)
興奮しまくり。でした。


「みてみて~~~~~!!」
「Kちゃん(友達)、ちょっと、こっちこっちぃぃぃぃぃ~~~」
「エイだよ、エイ!!(なぜエイ?!)」とずっとエイエイ言っていました。

もう、ウルサイウルサイ。

まだ、年中年長ほど、ものごとがわかっていないし(クラスにはまだ3歳の子もいるし)、その割には
フラフラ―、フラフラ―と行っちゃう。

ママたちもダッシュしまくりです。

みんなで、イルカショーを見て、お弁当を食べ、
ヒトデを触って、広場で遊んで帰路へ。

地下鉄で寝てしまって、駅から家までだっこ。(おっもーーーー)

でも、ま、いいか、このまま一緒に私もちょっとねよ~っと。




と、布団に入ったら「パチ!!!」っと目覚める、、、あの恐ろしいアルアルです。。(T_T)




遠足を通じて思うのは、男女の差。

より太の時は、お友達もやっぱり女の子が多くて、やっぱキャピキャピしているんですよね。
水族館でも自由時間はあるママ友(2人)は娘(一人ずつ)と計四人で、カフェみたいなところで、
お茶してましてね。いいな~。女子会みたいで。って感じ。

一方男児のママたちは、先ほども言いましたが、ダッシュ。
図鑑コーナーでは、ママには良さがわからない、「昆虫」や「恐竜」の本を読まされ、
「〜サウルス」「〜ケプス」とか、もう顔も(゚Θ゚)こんなになっちゃう。よね。

女子が目につく、かわいい、とか楽しいとか、とはまた違った、男子の面白さは、私にとっても新鮮、かつ、しんどい(笑)。




明日は、より太の学童の運動会、がんばれ~~~~~~~~~~わたし。(* ´ ▽ ` *)
プロフィール

より太ママ

Author:より太ママ
“より日和”訪問ありがとうございます!

2007年12月に誕生したより太♀と一緒に、パパの国メキシコでの生活を2010年9月から始めました。

2012年に日本に帰国し日本生活中です!

良かったらコメント下さーい!!

よろしくお願いしま~す。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム