2011.05.31

バザー終わりました。売上発表です。


プエブラのバザー2日目が昨日終わりました。


まず、売上金を発表します。
23,469.40ペソでした!!
今朝、銀行で在メキシコ日本大使館宛てに送金させてもらいました。


もうですね~、本当に私、万歳しましたよ。
一日目が終了した時点では2日合計の目標金額を「10,000ペソ!」って言っていたので、
その倍以上の結果がみなさんのおかげで出せたので、「やった~~~!!!」って。


1日目は、まずお客さんが少なかったのもあるんですが、私たち企画者の至らない点が多かったです。
ちらしは、この日までに6000枚以上は配っていたんですが、当日会場前を通るお客さんを建物内に入る「きっかけ」を作らなかったとか、販売している人の笑顔・挨拶がないとか。。



2日目は朝から「vamos a saldar a clientes!!」と、合っているかわからないスペイン語でメキシコ人協力者を鼓舞し(伝わっていない可能性あり。。)、商品名・価格の紙を書きなおしたり、会場入り口にバザーの説明や日本食の写真をはったり、、。人がたくさんいそうに見える配置に机を変えたり。。人間は1日で成長するんですね~~~。



このイベントはプエブラの主婦4人が中心となり始めました。
その中のお一人のTさんのメキシコ人ご主人も加わって頂き5人で進めてきました。

計画を進めていく中で、本当にいろいろな方からのご協力を頂きました。
本当にありがとうございます。



会場探し、バザーの運営では、オアハカ在住のさるさんにアドバイスを頂きました。
ポスターを無償で書いて下さったメキシコ人デザイナーの方。
Tさんの旦那様所属のプエブラ剣士連盟からは、ちらし印刷代、当日の机、椅子などを提供頂きました。
SECRETARIO TURISMOには会場を貸して頂きました。
米在住のRさんには、日本の駄菓子を寄付で送って頂きました。
ヤクルトプエブラさんからは、ヤクルトを提供してもらいました。
IDIOMAJAPONESさん(日本語学校)からは、折り紙の作品を提供頂きました。
武道やバレエのデモンストレーションにご協力くださった団体さんもみなさんボランティアで受けて頂きました。
TABITABITOYOさんから物販の寄付を頂きました。


こちらはほんの一部です。その他にも本当に多くのご協力を頂きました。
改めまして、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうざいました。


売るものはないけど、ボランティアなら。と参加してくれた若者達。
1日目に来場してくれて、次の日、販売するものを寄付してくれたご婦人。
1日目は一人で、2日目は友達を連れて来てくれた人。
品物の価格に+αして支払ってくれたお客さん。
「本当にTVで流れているくらい日本は悲惨な状況なの?」と正直な気持ちを質問してくれた青年。
「頑張って!」と握手してくれたご婦人。
演武を見て、「やりたい!」と言っていた青年。
「次回はいつ?」と聞いてくれた何人もの人たち。


あ、、、書いていたらまた感動してきちゃった。。



感謝の気持ちだらけのイベントでした。ありがとうございます。



それでですねぇ。。。うちのカメラが使えなかったので(涙)2日目の詳しい様子は是非リリリママのリリリとMEXICOを見て頂けたら♪と思います!!






ここからは、私のバザー体験記です♪

2日目、私は照り焼きチキンを焼きました。
匂いを出して食欲をそそる作戦が功を奏し、11時頃には完売!という結果(チキンが少なすぎたのか!?)になりました。使用調味料を机の上にわざと出しておく。というのがいいみたいですね。醤油は特に気になったみたいで、ガンガン違うブースで買った食べ物にもかけておられましたよ。

リリリママはカレー。私が「CURRY RICE」って画用紙に書いたけど、「MOLE JAPONES(日本のモレ)って言う」とリリリママに教えてもらって、なるほど~~~!って思いました。モレはメキシコ内でもここプエブラが有名なチョコレートを使ったトロっとした料理で見た目は茶色のカレー。こういうキャッチフレーズだとすっごいわかりやすいですよね。


照り焼きが終わったので、昨日やったネイルをやろうとしていたら、「あなたマッサージやるの?」メキシコのご婦人が聞いてきました。万が一何にもやる事がなかったら少しだけマッサージをやろうとして一応紙に「MASAJE」とは書いておいたんですが、まだ貼りだしていなかったので、ビックリでしたが、フライング気味に椅子を一脚会場の隅に出して、マッサージを始めました。日本で整膚(せいふ)マッサージの勉強をしたので、その技術(というほどまだないですが)がこのイベントで活かせるなら!!と緊張しながら始めました。それから5時間弱。ほぼノンストップでお客さんが来て頂け、マッサージしまくりましたよ。。。たぶん照り焼きより稼げたんじゃ。と思うほどです。


これが、面白いことに、「あなたのマッサージはどこで受けれるのか?」とか「これはどういうマッサージなのか」とか、しまいには「うちの娘にあなたの日本語レッスンをしてもらえないか?」(なぜそうなる?)までお声をたくさんの方から頂きました。 私は次のお客さんがいるし、スペイン語ハンデもあるので、そこらへんの対応は全てより太父が担当してくれました。

私の携帯やうちの住所を書いて渡したり、「整膚とはですね~」とお客さんに説明したり、まさに私の専属マネージャーの様でしたよ。

より太父は、私のマッサージのちらしとかも訳したりしているので、整膚については多分メキシコ一、いや、日本・中国以外の国の中で一番説明できる人なんじゃないでしょうか? 技術なくてあそこまで知識があるからすごいです。。。


5時間弱はやっぱり32歳の身体には相当こたえました。。。
帰宅までは何ともなかったんですが、その夜。手首からひじまで激痛でした。
歯磨き粉さえも絞りだせませんでした 涙。。ミイラとりがミイラ。みたいな?
今朝はもう大丈夫ですが、足が筋肉痛。




2日目に僭越ながらテレビ局のインタビューを受けました。
テレビサ(大手)とECOテレビ(インターネットテレビ)。
それで私はECOテレビ派になりました♪
テレビサはですねぇ、カメラもキャメラっていう感じで肩に担ぐやつ。
アナウンサーも綺麗で清楚な感じ。
でもインタビューもそんなに突っ込まない感じだった。滞在時間も短かったとより太父談。
一方、ECOテレビは1日目もカメラマンが来てくれました。
2日目はアナウンサーみたいな人と来てくれたんですが、その女の子がフック船長みたいな眼帯しててキャラ作りなのかなぁ。。清楚っていう感じよりもアニメっていう感じでした。
カメラも片手で持てる家庭用ハンディーカムみたいなやつ。
撮影可能範囲が狭いのか、映る3人(私が真中)にカメラマンが「もっと寄って」と不自然な距離でインタビューを受けて吹きそうになる。
でも「このイベントはどこかの組織がやっているのか」「ここから物を送りたい場合にはどうすればいいのか」「何かメキシコ人に言いたいことは」とかちゃんと震災やイベントの事を聞いてくれたので本当に嬉しかったです。



まだ書きたいこともありますが、長くなるので今日はこの辺で。。。



たくさんのメキシコの方も日本の被災者の方を心配して下さり、
日本の復興を応援してくれています♪
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村





 
スポンサーサイト
プロフィール

より太ママ

Author:より太ママ
“より日和”訪問ありがとうございます!

2007年12月に誕生したより太♀と一緒に、パパの国メキシコでの生活を2010年9月から始めました。

2012年に日本に帰国し日本生活中です!

良かったらコメント下さーい!!

よろしくお願いしま~す。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム