2012.01.25

公衆シャワーに行った日曜日


「日本の風呂に入りたーーい」と呪文のように言っている日々です。

ゆったりとお風呂に入りましょうとかって「冷え」にも「むくみ」にも「妊婦の身体の変化への対処」にも、日本のサイトや雑誌や本には書いてあるけど、うちにはバスタブないしな。。

シャワールームもまだ完成してないから、なんかムダに広くて寒い。
洗濯機とか置いてある更衣部分との仕切りはシャワーカーテンのみ。

リラックスとか、温まるとかには程遠く、汚れをチャッチャと落とすのみという感じ。



そんな時、より太父が「バニョパブリコ(公衆風呂かな?)を見つけたけど行ってみる?」と提案してくれました。


先日の日曜日、三人で行ってみました。
期待はしないように、しないようにと思いつつ、ジムによくあるジャグジーくらいはあるんじゃないか。。と淡い期待をしてしまった私。


仕事場から車で2分くらい。ひっそりとありました。
受付はほんと、日本の古いお風呂屋さんみたいな感じで石けんとか売っていました。

3人で一時間半75ペソ(600円くらいかな)

部屋に通されると、うーーーーん。

東南アジアの〝バックパッカー用安宿の普通レベル”のシャワールームでした。バスタブなし。

6畳くらいの部屋がまず更衣室。
その隣にシャワーがあって、ちょっとした広い台が椅子代わりになります。


がっくし。。だったけど、でもあっついお湯を流したい放題。ジュースも飲みながら、なんだかとってもリラックスはできました。

スチームで部屋を充満させることもできて楽しい。でもそのスチームは隣りの更衣室までモクモク。
着替えの服までしっとりしちゃう。


より太は結構興奮して自分で何度も泡を付けては流しをして遊んでいました。



より太父の七不思議のひとつ。  娘の前では絶対全裸にならない。。

赤ちゃんとの入浴はパパの仕事っていうのが、なんとなく日本にはある気がするけど、あんまりより太が小さい時も入らなかった。ま、メキシコではバスタブ自体が少ないし、父の仕事っていうわけでもないみたいだから、そこは大目に見ていました。

でも、たまに一緒に入る時も、必ずトランクス着用。  初めは何で???ってすっごく不思議でした。
理由は「娘だから」だそう。  ふーん。

メキシコ人ってそうなのかなー。それとも、より太父だけ??

公衆シャワーでもずっとトランクスはいてましたよ。笑。


のぼせてもいけないので、1時間ちょっとで出ました。
もう、身体がぽかぽかしてそれが数時間続いていました。

びっくりしたのが、化粧ののり。 「のりがいい」ってこういう事かーー。と感激。
すんごく乾燥しているメキシコ、歳も歳だし、こういうもんかな―とファンデーションがつきにくくなってたのをしょうがなく思っていたら、もうファンデもノリまくり。やっぱり潤いって大切なんだなぁ。。とつくづく。



本当にいい日曜の午前でした。


キリン・フリーがあったら、完璧だったけど。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
プロフィール

より太ママ

Author:より太ママ
“より日和”訪問ありがとうございます!

2007年12月に誕生したより太♀と一緒に、パパの国メキシコでの生活を2010年9月から始めました。

2012年に日本に帰国し日本生活中です!

良かったらコメント下さーい!!

よろしくお願いしま~す。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム